携帯電話のお話
使っていた携帯電話・使いたかった携帯電話・使いたい携帯電話・使いたくないけど言いたいことがある携帯電話・・・とかを書きます
200609<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200611
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ソフトバンク、ゴールドプランの他社宛通話料を変更
http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/news_toppage/31741.html

ドコモにチクリとされたので、猛然と立ち向かう雄姿!

でも、立ち向かわねばならない相手はまだまだ沢山いるぞ!
がんばれ孫!

(種まいたのは自身だけどね)
スポンサーサイト
ソフトバンクのMNPシステムに障害、ドコモやauに乗換え不可
http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/news_toppage/31722.html

はやくも、YBBなみの有様です。

ソフトバンクさんは人海戦術で乗り切るといっていますが、外注先がタコで収集が付かなくなった、YBBの教訓はたぶん生かされないでしょう。

自社の流出も止まるから、予想内?
ドコモ中村社長、「孫氏の発言には怒りすら覚える」
http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/news_toppage/31710.html

はい、中村さんの出番です。夏野さんより影の薄い社長さんのいかりのコメントです。

内閣がスローガンとパフォーマンスで指示を得て、見えずらいところでゴニョゴニョやるのが、平然と認められる国ですから、ドコモさんも大いにパフォーマンスやるべしです。
「予想外割」について孫正義社長に聞いた
http://taniguchim.iza.ne.jp/blog/entry/62678/

うーん、一転二転ですね。

こうなると正式な文書による発表が無いと、なにがなんだかわからなくなります。

孫さんも「ネットの反響をみて急遽変更」とかいう意味の事を言っていたが、これじゃあいつまでたっても正式な料金設定なんかできないでしょう。

おまけにこれまでの経緯からすると、この記事の信憑性も怪しい感じ。

裏があるとは予想していたが、現状では裏どころか表も無いトホホプランであったとは、まさしく予想外!
【続報】ソフトバンク,音声定額プランの利用条件や詳細を公表
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20061023/251575/

前回と前々回の分の記事撤回!!!!!

おおかみ少年ソン!
auのMNP全国キャラバン、出発式には速水もこみちが登場
http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/news_toppage/31612.html

ここと比べてもソフトバンクはやっぱり大人。

粛々と進めている感じ(言ってる内容はスゴイけど)。
NTTドコモ 代々木ビルにドコモダケ 番号継続制度を前にイベント
http://www.mainichi-msn.co.jp/keizai/it/mobile/news/20061023org00m300081000c.html

昨日の孫さんの発表と比べると、確かにソフトバンクは大人ですね。
ソフトバンクの「予想外割」、通話料0円の新料金プラン発表
http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/news_toppage/31616.html

まじで、15秒間開いた口が塞がらなくて、その後1分間爆笑してしまいました。
その後、冷静に10秒考えて、明日のニュースで裏が出てくるのを待つ事にしました。

スーパーボーナスみたいな裏有り自爆プランで無い事を、旧デジタルホングループの方々のために切に祈ります。
ソフトバンクが小型基地局を無償貸与、ショップ店頭で受付
http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/news_toppage/31539.html

-本文引用ここから-
ソフトバンクの代表執行役社長兼CEO 孫 正義氏はこれまで、2007年3月末までに全国に46,000局の3G基地局を設置すると話してきた。9月末の同社秋冬モデルの発表会では、残り21,000局を半年で開局するのは難しいのではないか? とする本誌の質問に「新しい技術・手法により、設備投資を抑えた独自のやり方でスピードアップしている」と語っていた。

 今回のホームアンテナの設置が孫氏の考える「3G基地局」に該当するものなのかは不明だ。同社では「孫氏が語った46,000局に今回のホームアンテナが含まれるのか?」という点については明言を避けている。
-本文引用ここまで-

そういった質問が出るのは、予想Naiだったでしょうから、明確な回答を出さないのは確信犯だと判断せざるをえないのかなと。

まあ、はなからこれで数字合わせをするつもりで無いとしても、もし年度内にきちんとした基地局の数が間に合わなかった場合の保険としては有効なのかなと。
ドコモが「hTc Z」をネット販売、個人購入が可能に
http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/news_toppage/31259.html

これもなんかねえ、ムニャムニャなサービスかな?
ソフトバンク、スーパーボーナスでは長期割引が引き継げない
http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/news_toppage/31259.html

この制度の良し悪しは置いとくけれど、発表の順番とかきちんと考えないといけないと思う。

「やっぱり、ボーダフォンは」とか「やっぱり、孫さんは」とかの感想が真っ先に頭に浮かんだのは私だけでは無いだろう。

ポータル始まれば、「だまっていれば純減必至」の状態をどういうふうに考えているのだろう。
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。